【終わりのセラフ】 17巻 感想 シノアがカワイイ! クルルの復活と過去の話!

終わりのセラフ 17巻の表紙 漫画
スポンサーリンク

どうも,こんばんは!

今回は『終わりのセラフ』17巻の感想を書いていきます。(17巻のネタバレにご留意ください)

シノアは本当にカワイイ少女ですよね。

 

17巻の表紙

 

終わりのセラフ 17巻の表紙

 

♦ 最初に

「終わりのセラフ」の表紙は美しいですよね。 山本さんの絵は描写が丁寧で大好きです!

最近の巻の中では,一番好きな表紙かなー。 スゴい美しいという印象が強いですね。

 

17巻は伏線が回収されたり,また色々の伏線が出てきた巻でした。 個人的には シノアと優一郎の恋愛がもっと発展してくれると嬉しいです。

今巻ではシノアの心情が表われていたけど。 それでは,感想は場面ごとに書いていきます。

 

 

■ 天使との戦い

優一郎がどんどん「人間」から違う存在になっている気がします。 黒い翼を自分の意思ではやすことができるのか。

優一郎の家族に執着して生きるやり方は「終わりのセラフ」の舞台だとまともなように感じますね。

 

君月がグレンのことを「ちょっと信用できました」と言うシーンは,正直マジかよと思ってしまいました。 阿修羅丸と優一郎のコンビもはとても仲良くなりましたね。

 

阿修羅丸と優一郎のやりとりが面白かったです! 阿修羅丸は優一郎に押されて,頑張るところは読んでいてアツくなりました。

 

天使の体からでてきたナイフがこれからスゴイ物語の鍵になりそう。 このナイフを使って,何かを倒す展開になるのかな。

 

■ 全ての黒幕は斉藤なのか?

17巻を読んで,斉藤が黒幕なのかなと考えました。 「百夜孤児院」に優一郎,ミカエラ,茜を連れてきたのは斉藤だったのか。 それに フェリドとクローリーを吸血鬼にしたのも斉藤らしいですね。

全ての事件に斉藤が関わっていると,斉藤が黒幕なのかなと考えてしまうけど安直なのかな。

 

ミカの本名である「ミカエラ」も重要な伏線になっているようですね。 フェリドも昔,斉藤に「ミカエラ」と名付けられたのか。

「ミカエラ」は代々受け継がれているようだけど,何の為なんだろうな。

 

■ シノアの心情

シノアの「シーちゃん」がここまで大事なキャラだとは,最初のころはおもわなかったなー。 最初の頃に伏線はあったのかな。

 

シノアの優一郎に向ける感情が恋心なのか,また違う感情なのか。 恋心であってほしいけど。

シノアが優一郎に対して「ああ もう なんて魅力的なんだろう」と呟くシーンが可愛いというか少し怖かったです。。

 

シノアが鬼に奪われるのかな? シノアが四鎌童子に乗っ取られてラスボスになるのではないかと思ってしまったな。

物語のラスボスがシノアという展開は,本当に止めてほしいけど。

 

所々,シノアが優一郎を見ているシーンがあったので,後にシノアと優一郎のやりとりが出てきそうで楽しみですね。

 

■ 優一郎と阿修羅丸の過去?

今巻の一番の疑問点が出てくる場面でした。 阿修羅丸は過去にユウに会っていたのかな? アシェラを迎えにきた髪が長い人はシノアの四鎌童子に似ていますよね。

 

クルルの話から阿修羅丸とクルルの過去などが明かされるんだろうな。 数千年前の話ということは,「輪廻転生」とかが関係ありそうだなと思いました。

阿修羅丸の謎,そしてユウの謎がさらに深まる展開でしたね。

 

あと,幼い頃のクルルは可愛かったです。 阿修羅丸とクルルは 仲が良い兄弟だったんだなと感じました。

これからクルルと阿修羅丸は再会しそうだけど,どのような展開になるのか楽しみですね。

 

 

♦ まとめ

「終わりのセラフ」は色々伏線が散りばめられていて,結構分からないことも多いですが 面白いですよね! 伏線が回収されたなと思ったら,今巻の最後にまた新しい伏線が出てきましたねw

 

18巻の発売日は,2019年3月だそうです。 約5ヶ月は長いですが,楽しみに待ちましょう。

 

次巻では 優一郎と阿修羅丸の過去が明かされそうでとても楽しみですね!!

それでは,読んでくれてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました