【呪術廻戦】 13巻 感想 宿儺の存在感が圧倒的! 伏黒甚爾の最期が印象的だった。

「呪術廻戦」13巻の表紙 漫画
スポンサーリンク

どうも、こんにちは!

今回は『呪術廻戦』13巻の感想を書いていきます。(この記事には、13巻のネタバレが含まれているのでご留意ください)

表紙の公園の絵は、何を意味しているんだろう。

 

13巻の表紙

 

「呪術廻戦」13巻の表紙

 

 

 

 

 

 

 

全体の感想

13巻の表紙は、日下部でしたね!

13巻を読んだあとでも、どうして日下部なんだろうと疑問に思います。(直毘人か漏瑚かなとおもっていたな)

 

13巻では 渋谷事変について描かれましたが、渋谷事変も佳境になってきたように感じます。

とうとう宿儺も復活してしまい、この渋谷事変がどんなエンディングを迎えるのか気になってたまりません。

 

漏瑚と宿儺の戦いの途中で終わったけど、漏瑚は毎回マッチアップが可哀想だなぁ。

最強の五条に続いて、次に戦う相手が宿儺とは..

 

それでは、気になった場面ごとに感想を書いていきます!

 

12巻の感想(ネタバレあり)

【呪術廻戦】 12巻 感想 虎杖と脹相の戦いがスゴかった! 虎杖の正体が気になる!
どうも、こんにちは! 今回は『呪術廻戦』12巻の感想を書いていきます。(12巻のネタバレが含まれているのでご留意ください) 渋谷事変はどんな決着を迎えるんだろうな。 12巻の表紙 ...

 

陀艮との戦い!

七海、真希、直毘人と陀艮の戦いが描かれましたね。

想像していた以上に禪院直毘人が強かったなぁ。 直毘人は 術式のスピードが最速みたいです(五条先生を除く)

 

陀艮が 力を直毘人:7、七海:3に当てることからも、直毘人協力な術師であることが分かります。

直毘人の術式は理解することがあまりできなかったな。 対領域の秘伝「落下の情」も使用していました。

 

伏黒が 陀艮の領域「蕩蘊平線」の中に侵入してきて、真希に游雲を渡すところはカッコ良かったです!

伏黒の領域「嵌合暗翳庭」と陀艮の領域が綱引きをすることができるのはスゴいですね。

 

現状 術師で領域展開をすることができると判明しているのは五条悟しかいないので、伏黒はスゴいですね。

 

伏黒甚爾の出現

まさかの伏黒が開けた領域の穴からパパ黒が登場しましたね。

パパ黒の登場の仕方が 過去編で五条悟が空に浮かんでいるところを対比にしているように感じました。

 

伏黒甚爾がの強さは半端なかったですね! 直毘人や七海でも適わなかった陀艮を相手に、圧倒していました。

游雲の使い方もスゴかったです。 特級呪具の游雲同士をぶつけ合って、研ぐという発想がヤバかったなぁ。

 

漏瑚の登場!

陀艮がやられて、伏黒が 甚爾に攫われた直後に漏瑚がやってきましたね。

漏瑚が 陀艮がやられたことを悲しみ、陀艮の意志を継ぎ「百年後の荒野で また会おう」と伝えるところはよかったな。

 

漏瑚は、陀艮よりも格段に強いみたいです。

漏瑚は これまで最強である五条としか戦ってこなかったので、あまり強い印象はなかったですが勘違いでした。 (五条が強すぎるせい)

 

漏瑚が 陀艮に別れを告げた直後に、一級呪術士である七海と直毘人、生徒の真希を瞬殺するところはヤバかったな。

全員、火山の攻撃を直にくらったけど生きているのかな?

 

スポンサーリンク

 

両面宿儺の復活

ナナミミが宿儺の指を一本、漏瑚が 10本虎杖に喰わせたことによって、両面宿儺が復活しました。

偽夏油が言うには、一時的な復活みたいです。

 

宿儺が復活したときの圧倒感、存在感がとてつもなかったですね。

ミミナナがアッサリと惨殺されるところは衝撃的だったな。 これから大事なキャラクターになってくるのかなと思っていたのに。

 

伏黒恵と伏黒甚爾

伏黒と伏黒甚爾(パパ黒)の邂逅は印象的な場面でした!

 

パパ黒は 伏黒恵のことを禪院家だと思って襲っていたみたいです。

恵のことを自分の息子だと気づいて、「よかったな」と伝えて自殺する場面はよかったです。

 

復活した甚爾がこのような結末になるとは思わなかったけど、パパ黒らしくて そして少し親感情をみることができて嬉しかったです。

恵は いつか戦っていた相手が伏黒甚爾と気づくのかな?

 

漏瑚 VS 宿儺

宿儺に一撃でも入れることができたら、呪霊の下につくという約束を交わした上で、漏瑚と宿儺の戦いが始まりましたが 宿儺の強さがヤバかったです。。

漏瑚の戦う相手が 毎回最強クラス(五条悟、宿儺)なのが可哀想に思えてきたな(笑 漏瑚は呪霊の中でもトップクラスに強い方なのですが、戦う相手が。

 

漏瑚と宿儺の戦いは規模がスゴかったですね。 渋谷は無事なのかな?

日下部とパンダのところに、宿儺が表われたときの反応はよかったですね。 宿儺の圧倒的な強さを感じました。

 

宿儺の術式も少し明らかになりました。 「■」「開」と唱えたら炎のようなものを出しましたね。

 

宿儺の術式は どんな能力なんだろう。 「開」ということは、どこかに多くの術式を保存していて それを自由に使える的な能力なのかな?

とても気になります。

 

漏瑚と宿儺が 術式の火力勝負をするところで終わりましたが、漏瑚が 宿儺に一撃を与える未来が見えないな(笑

何故か 漏瑚を応援してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

13巻のポイント!

・漏瑚に七海と真希、直毘人が焼かれた

・伏黒甚爾がこの世を去った。

・虎杖の体内に15本の宿儺の指が入り、宿儺が復活した!

 

13巻では、とうとう宿儺が復活してしまいました。

虎杖は これで宿儺の指を合計15本取り込んだことになったけど、これからどうなっていくのか本当に気になるな。

 

漏瑚は 宿儺と戦うことになったけど、一矢報いることはできるのかな?

それでは、読んでくれてありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました