【盾の勇者の成り上がり】 1話 感想 「盾の勇者」って珍しいな! 周りの人にクズが多い!

アニメ
©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会
スポンサーリンク

どうも,こんにちは!

今回は『盾の勇者の成り上がり』の第1話の感想を書いていきます。(この記事にはネタバレが含まれているのでご留意ください)

最初の1話は 1時間スペシャルで嬉しかったです。

 

第1話 『盾の勇者』

 

©2019 アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

 

 

 

 

 

 

 

「盾の勇者」である岩谷尚文!

 

■ 4人の勇者達!

キリトの声優さんが「VRMMO」について話すところは笑ってしまったな。

王様が「盾の勇者」である尚文に対して,何の興味も持たなかったのは少し面白かったけど,可哀想でしたね。

 

4人の勇者が別々の日本から来たって面白いですね。 それぞれの住んでいる世界が違うということなのかな。

「剣の勇者」である天木 錬が16歳で思っていたよりも若かったです。

 

 

■ マインが仲間になってくれる

最初,武器屋のおっちゃんが「SAO」のエギルにしか見えなくてヤバかったですw(見た目からも)

「槍の勇者」である元康の元から,尚文の元にくるとは… 初めは良いやつなのかなと思っていたけど。

 

尚文のお金をマインが持っているのは不安だったなー。 レベルを上げるのは大変そうですね。 尚文が敵に止めを刺さなくても,他の仲間が止めを刺したら経験値は尚文に入ってくるのかな?

 

■ 盾の勇者は一人に…

ほとんどの勇者,そして王様や周りの人にクズが多いですね。 まず,少しでも尚文の話を聞いてやれば良いのに。

「盾の勇者」である尚文は,もうこの国の為に戦う必要はないと思ってしまったな。 この世界には,他に国はないのかな。

 

武器屋のおっちゃんが唯一の良い人そうでよかったな。 尚文の目を見て,何かあったんだなと察してローブを渡すところは印象に残りました!

 

どんどん尚文が最初に比べて人間不信になっていくのが悲しかったな。 人間不信になるような出来事だったからしょうがないけど。

 

尚文は,最期に登場した奴隷の子を仲間にするのかな。 尚文が,王様や周りの人を巻き返していってほしいです!

 

♦ まとめ

今回のポイント

・尚文は「盾の勇者」になった

・「勇者」同士で一緒に強くはなれない

・尚文が周りの人に裏切られてしまう….

 

世界観も面白くて,とてもこれからが気になるアニメでした! 主人公が盾を使って戦うというのは,とても珍しいのでこれからどうやって強くなっていくのかが気になります。

 

次回は,奴隷の少女が仲間になる話かな。 それでは,読んでくれてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました