【ダンまちⅢ】 9話 感想 ベルとシルのやりとりがよかった! 暗躍するヘルメスがカッコ良い!

「ダンまちⅢ」第9話の画像 アニメ
「ダンまちⅢ」第9話より引用

どうも、こんにちは!

今回は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ』第9話の感想を書いていきます。(この記事には、9話のネタバレが含まれているのでご留意ください)

シルとヘスティアが良きでした!

 

第9話 『零落(スティグマ)』

 

ダイダロス通りを見に行くベル!

今回の騒動は、イケロス・ファミリアに全責任がいったみたいです。 イケロスは その責任を負って、オラリオを追放されました。

イケロスが去ったことで、街の人たちの悪意は ベルに向かっているみたいだな。

 

ヘスティアが ベルと一緒にダイダロス通りを見に行く場面では、街の被害状況が表われていました。

そして、ヘスティア様が良い人すぎたな(笑

 

ベルとシル

「ダンまちⅢ」第9話の画像

「ダンまちⅢ」第9話より引用

 

 

 

 

 

 

 

ベルとシルが会話をする場面はよかったですね。 シルが ベルに何も聞かないところが特によかったな。

ベルに膝枕をして、自分の想いを告白する場面は心が暖かくなりました。

 

地上に残っているゼノスは ダイダロス通りの地下に隠れていました。

ウィーネが リドたちに「雪精霊の恩返し」の話をするところが印象に残っています。 リドやレイたちが、いつかベルたちを助けにいく展開があったらアツいですね。

 

ヘスティアファミリアの決断!

ファミリアのみんなが ベルについていくと判断するところがよかったな。

 

命や春姫、リリ、ヴェルフがついていくと宣言する場面は心がアツくなりました。

ヴェルフが作成した4本の魔剣がどの場面で使われていくのか楽しみです。

 

それぞれの作戦!

ゼノスが クノッソスに辿り着くための作戦、そして ロキ・ファミリアたちの辿り着かさせないための作戦が描かれました。

 

ロキ・ファミリアが会議をしている中で、ティオナがみんなと違う方を見ているのが良い描写でした。 ヘルメスが 全部を把握しているように見えて、カッコ良かったな。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

第9話では、ゼノス騒動の影響について描かれました。

原作を読んでいて想像していた以上に、ベルが大丈夫そうだったなぁという印象を抱いたなぁ。

 

次回の話では、ゼノスがダンジョンに戻るまでが描かれるのかな?

フェルズやフィン、ヘルメス、そしてベルたちの作戦がどのように絡み合っていくのか楽しみです。

 

それでは、読んでくれてありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました