【呪術廻戦】 16巻 感想 虎杖と脹相のコンビが良かった! 乙骨先輩と九十九の登場がアツい!

「呪術廻戦」16巻の表紙画像 漫画
スポンサーリンク

どうも、こんにちは!

今回は『呪術廻戦』16巻の感想を書いていきます。(この記事には、16巻のネタバレが含まれているのでご留意ください)

乙骨の登場が嬉しかったな!

 

16巻の表紙

 

「呪術廻戦」16巻の表紙画像

 

 

 

 

 

 

 

16巻の感想

16巻の表紙は、偽夏油でした! 偽夏油が 4巻の五条先生のポーズを真似ているように感じました。

 

16巻で 長きに渡って描かれた「渋谷事変」編が結末を迎えました。 だいぶ長かったですが、非常に面白い編でした。

渋谷事変が始まったときには、こんな結末を迎えるとは思わなかったです。

 

渋谷事変では虎杖たちが失ったものが多すぎて、これからどうなっていくのか不安になってしまいます。

偽夏油は 獄門疆を持ち去ってしまい、九十九由基や乙骨先輩も登場しました!

 

それでは、気になった場面ごとに感想を書いてきます。

 

15巻の感想(ネタバレあり)

【呪術廻戦】 15巻 感想 虎杖と真人の最後の呪い合い! 東堂の頼もしさとカッコ良さが限界突破してた。
どうも、こんにちは! 今回は『呪術廻戦』15巻の感想を書いていきます。(この記事には 呪術廻戦15巻のネタバレが含まれているのでご留意ください) メカ丸と三輪の関係がよかったです.. 15巻の表紙 ...

 

気になった場面の感想!

VS 偽夏油!

偽夏油の正体が 加茂憲倫でした。 加茂憲倫も数ある名の一つにすぎないといっていたので、本当の正体ではないんだろうな。

 

また、偽夏油の口から呪霊操術 極ノ番「うずまき」の説明もされました。 「うずまき」の真価は 準1級以上の呪霊の術式の抽出にあるようです。

術式の抽出ができるのは 非常に強力な術式だな。

 

三輪が 偽夏油に全ての力を込めて、一撃を決めようとするときの覚悟が決まっている表情は印象に残ったな。

三輪には幸せになってほしいけど..

 

脹相が戦いに入ってくるところは面白かったな。 乱入してきた裏梅に「俺はお兄ちゃんだぞ」と怒鳴る場面は特に良かったです。

全力でお兄ちゃんを遂行すると心で誓っていたり、これからの呪術廻戦の癒やしキャラになりそうだな(笑

 

九十九由基の登場!

九十九由基の登場は予想していなかったので、アツい展開でした。 いつか 登場すると思っていたけど、渋谷事変の終わりで登場するとは思わなかったな。

東堂と同じ様に どんな女がタイプかと聞いて、登場するところから東堂の師匠であることが感じられます。

 

九十九と偽夏油の目的は異なるようです。

九十九は「呪力からの脱却」、偽夏油は「呪力の最適化」。

 

九十九は 虎杖たちの味方というわけではないようです。 九十九の目的は 世界から呪霊を無くすことのようです。

九十九の術式が明らかにならなかったので、どんな術式を使用するのか気になりますね。

 

偽夏油は 真人から取り込んだ「無為転変」を利用して、千人の虎杖悠仁が悪意を持って放たれたという環境を作り上げました。

偽夏油の最終目的が気になりなるなぁ。

 

渋谷事変の結末!

長きに渡って描かれた渋谷事変が決着を迎えましたね。 個人的には これまでの呪術廻戦の章の中で一番面白い章だったな。

 

渋谷事変の影響は 非常にキツいものがあるだろうな。 五条先生の封印、七海の死亡、野薔薇の生死不明、東堂の右手が無くなるなど。

狗巻の腕も 宿儺の術式に巻き込まれて無くなってしまいました。

 

呪術総監部より、今回の事件で決められた通達も驚くものでした。 五条先生の封印を解くことを禁ずることや夜蛾学長の死罪認定。

そして、虎杖の死刑執行が決定されました.. その死刑執行人に いつ登場するのか期待されていた乙骨憂太が任命されるのは予想外です。

 

虎杖の死刑執行は まだ分かるけど、夜蛾学長の死刑を この状況で行うのはどうなんだろうなー。

 

スポンサーリンク

 

虎杖と脹相!

高専に戻らない選択をした虎杖は 脹相と共に行動することにしましたね。 一度 本気で戦った虎杖と脹相が 一緒に行動する展開は 面白いなぁ。

 

虎杖は 宿儺が行った虐殺によって、みんなとは一緒にいられないと考えています。 一人の高校生が背負うには非常にキツいものだけど。

宿儺の影響も大きくなっていると感じていました。 そろそろ 宿儺の術式を虎杖が使えるような展開がきたりするのかな?

 

虎杖 VS 乙骨!

虎杖と乙骨の戦いはアツかったですね。 本編主人公と0巻主人公の戦いって良いなぁ。

 

乙骨が 虎杖たちの前に現われたときの描かれ方が良いですね。 0巻で 乙骨が真希たちと初めて出会ったときのことが思い出されるな。

 

乙骨は 呪力量では五条先生を勝っているようです。 五条は「六眼」によって、ロス呪力が限りなく0みたいです。

 

リカちゃんについても気になるな。 0巻では リカちゃんとお別れしたように思ったけど、どういうことなんだろう。

リカちゃんは 虎杖がふりほどけないくらいの力を持っていることもスゴいですね。

 

脹相 VS 禪院直哉

脹相と直哉の戦いは どっちが勝つか分からなくて面白かったです。

脹相が「兄」について語る場面はカッコ良かったな! その話を聞いた直哉の反応も面白かったです(笑

 

脹相は 直哉に勝利をすることができましたが、乙骨にやられてしまいました..

乙骨が 本当に虎杖を殺害したのかが気になるな。(流石にないと思うけど)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今巻では「渋谷事変」が結末を迎えて、新章が始まりました。

 

0巻の主人公である乙骨も登場して、これからの展開が更に楽しみになる内容でした!

五条先生は復活することができるのか、野薔薇や東堂がどうなってしまったのかも気になります。

 

それでは、読んでくれてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました