【精霊幻想記】 1巻 感想 リオの性格が謙虚なところが良き! リオが これからどんな人生を歩んでいくのか気になる!

どうも、こんにちは!

今回は『精霊幻想記』1巻の感想を書いていきます。(1巻のネタバレが含まれているので、ご留意ください)

リオの謙虚な性格が良かったです。

1巻の表紙

「精霊幻想記」1巻の表紙

■ 全体の感想

bookwalkerのアプリで、「精霊幻想記」1巻を読んでみましたが面白かったです。

異世界転生系の物語でありますが、他の物語とは異なる点があってよかったな。 転生の仕方が変わっているところ、主人公が謙虚であるところがとてもよきでした!

主人公が謙虚で自分の力をあまり見せたがらないところもよかったな! これから リオがどんな人生を歩んでいくのか楽しみになる物語でした。

■ 登場人物ごとの感想

● リオ(天川春人)

とても謙虚で、好感のもてる主人公でした!

天川春人の精神が入ったリオは 謙虚に接してくる相手には、謙虚で返す性格だったので 好感を持ちやすかったなぁ。

元々異世界で暮らしていたリオの精神に 天川春人の精神が転生して混ざった状態から物語が始まりました。

バスの事故で亡くなった結果、リオに転生したのかな? リオと天川春人の二人の精神が混ざっている状態というのが面白いな。

リオは 魔力を光の波として見ることができます。 リオの他にも転生者がいるのかについても気になりますね。

「ある男に復讐することだけを目標に生きてきた」とあったけど、その男の正体は誰なんだろう。 母の仇なんだろうけど、リオの復讐がどうなるのかも気になったな。

● セリア

セリアは 貴族でありますが、他の貴族と違いリオのことを差別しない人物です。 リオよりも幼くみえる外見ですが、リオのクラスの担任をしています。

1巻では、セリアがとってもヒロインしていましたね。

セリアの部屋が汚くて、リオがいつも掃除をしてあげているところは面白かったな。 セリアは 本当に研究熱心な人物なんだなと感じました。

セリアは リオが 他の女性と親しくしているところを見かけると心が痛んだ様子がありました。 セリアは 自分でも気づかないけど、リオに恋をしているんだろうな。

リオとセリアが 再会するときが楽しみです!

● フローラ

フローラは 貴族の中ではとても優しい性格をしていそうだったな。

フローラは リオに憧れているみたいです。 リオは 自分とは違って、周りの目を気にせずに生きているところに憧れているのか。

● 綾瀬美春

綾瀬美春は 天川春人の幼なじみですね。

春人は 美春に再会するために頑張っていましたが、美春が 知らない男と仲良くしているところを見かけて話しかけられませんでした。

その結果、美春は 謎の行方不明を遂げたけど 何があったんだろう。

リオが 襲撃者と戦っているときに、謎の少女が話しかけてきたけど その少女が美春なのかな?

スポンサーリンク

♦ まとめ

「精霊幻想記」1巻を読みましたが、とても面白かったです。 リオの復讐はどうなっていくのか、リオはヤグモ地方に到達できるのかも気になります。

スゴい気になるところで終わってしまったので、2巻を読むのが楽しみです!

それでは、読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする