【呪術廻戦】 5巻 感想 京都校の人たちの個性がすごい! 東堂 葵のキャラが好きすぎる!!

どうも,こんにちは!

今回は『呪術廻戦』5巻の感想を書いていきます。(この記事には,5巻のネタバレが含まれているのでご留意ください)

東堂が めちゃくちゃ好きになりました!

5巻の表紙

「呪術廻戦」5巻の表紙

最初に

5巻の表紙は,東堂でした! 今巻では 東堂の魅力がとても伝わってきて,東堂のことが好きになりました。

東京校と京都校の交流会について描かれたけど,読み応えがあったな。 京都校の人たち 一人一人のキャラが とても濃くて,京都校の人たちも好きになりました。

それでは,気になった場面ごとに感想を書いていきます!

4巻の感想(ネタバレあり)

どうも,こんにちはっ! 今回は『呪術廻戦』4巻の感想を書いていきます。(この記事にはネタバレが含まれているのでご留意ください) ...

東堂 葵のキャラが濃すぎる!

東堂はヤバかったですね(笑

虎杖の女のタイプが自分と近しいものだと聞いた瞬間に,存在しない記憶が溢れ出したのは面白かったな。

東堂が号泣しながら,虎杖のことを「親友」と表現する東堂は最高でした。

京都校の人たちが 虎杖を襲撃してきましたが,東堂が術式を使って助けるところはアツかったな。

東堂の術式は 対象の人物の位置を入れ替える能力かな?

教えるのが上手い東堂!

東堂は 意外と面倒見がよさそうで,教えるのも上手そうだったな。

虎杖がこれまで使ってきた「逕庭拳」に対して,東堂は 厳しい評価をしました。 並の相手には,通用するだろうけど 特級の相手には通用しないみたいです。

「全身全霊で世界に存在している」という東堂の助言から,虎杖は 何かをつかんだようだな。 虎杖が 東堂の戦いからどのくらい強くなるのか楽しみです!

パンダ VS メカ丸!

パンダとメカ丸のキャラがとても濃い二人の戦いが描かれましたね。

メカ丸は 「天与呪縛」を受けています。 様々な代償として,広大な術式範囲と実力以上の呪力出力をもっているようだけど,望んで手に入れた力でないのであれば辛いだろうな。

パンダは 学長先生が生み出した「突然変異呪骸」だったのか。 パンダの中には 3つの核があり,核を入れ替えることでボディを転換できるみたいです。

パンダとメカ丸の戦いは パンダの勝利で終わったけど,パンダとメカ丸の間に 友情みたいなものがうまれたのは良かったです!

スポンサーリンク

真希 VS 三輪!

5巻を読んで,三輪のことがスゴい好きになったなぁ。

三輪は,呪術師の中でも善い奴みたいだな。 家族の為に呪術師をやっていて,虎杖を始末することにも少し嫌がっていました。

真希と三輪の戦いも面白かったです! 真希の強さが顕著に表われた戦いだったな。

三輪の「簡易領域」は領域内に侵入したものをフルオートで迎撃する技です。 けっこう強そうだけど,ネタが割れていると使いづらそうだな。

真希が森の中で,長物を振り回しながら相手を圧倒する戦い方はカッコ良かったな。 三輪の簡易領域にも,すぐに対応したのはスゴいです。

野薔薇 VS 西宮!

野薔薇と西宮の女同士の戦いも面白かったです。 野薔薇が 西宮を煽るところは良かったな。

狗巻の厄介さも際立った戦いでした。 「呪言」は 頭の内側を呪力で守っていれば大丈夫だけど,延々と気をつけていないといけないのは大変だろうな。

野薔薇の友達だろう沙織ちゃんは どんな人物なんだろうな。 いつか明かされるだろうけど,そのときが楽しみです。

野薔薇の「芻霊呪法」は 対象から欠損した一部に釘を打ち込むことで対象本体にダメージを与えることができるけど,だいぶ強いですね。

トンカチで殴ると殺してしまう恐れがあるので,ピコピコハンマーで殴りました。 本当の殺し合いだったら,野薔薇が勝利していたのかな?

真希と真依,姉妹の戦い!

姉妹である真希と真依の戦いが行われましたが,見応えがあったな。

二人の過去について,とても興味が湧きました。 初恋って誰に対してだろう?

真希が 真依が明かしていなかった最後の一発の弾丸を素手で受け止めるところはカッコ良かったですね。

虎杖の身体能力は化物クラスだけど,真希の身体能力もヤバいな(笑

スポンサーリンク

まとめ

5巻のポイント!

・京都校の虎杖を始末する計画は失敗した!

・東堂に教わり,虎杖は何かを掴んだみたい!?

・真人たち呪霊が 何かを企んでる。

5巻では,東京校と京都校の戦いがありましたが,面白かったです。

京都校には 魅力的なキャラが多かったですね! ぼくは,東堂と三輪が特に大好きです。

京都姉妹校交流会の場に,真人も現われそうで どんな展開が待っているんだろうな。 次巻を読むのも,とても楽しみです。

それでは,読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする