【ダーウィンズゲーム】 5巻 感想 タゴナカ刑事の能力は 使い道が色々ありそう! レインの活躍がスゴい!

どうも,こんにちは!

今回は『ダーウィンズゲーム』の5巻の感想を書いていきます。(この記事には,5巻のネタバレが含まれているのでご留意ください)

レインが大活躍でしたね!

5巻の表紙

「ダーウィンズゲーム」5巻の表紙

最初に

5巻の表紙は,リュージとスイでしたね。

5巻では,「花屋」とエイスの戦いやタゴナカ刑事の能力などについて描かれました。 レインも大活躍で嬉しかったです!

それでは,気になった場面ごとに感想を書いていきます。

4巻の感想(ネタバレあり)

どうも,こんにちは! 今回は『ダーウィンズゲーム』の4巻の感想を書いていきます。(この記事には,4巻のネタバレが含まれているのでご留意...

「花屋」 VS エイス!

「花屋」とシグの戦いが描かれましたが アツかったですね。

花屋は 確定していないゲームのクリアよりも,確実にお金を獲得できるリングのポイントを選択しました。

花屋のシギルは とても強力な能力ですが,シグのシギル「自分の身体を燃やす」能力とは相性が悪すぎましたね。

シグだけでなく,幹部の一人であるケーイチも戦いに参戦したときの絶望感はヤバかったなぁ。

最期に,花屋は植物の底力をみせてシグとケーイチを相討ちにもっていきましたね。

できれば,娘のスズネと再会してほしかったな..

スポンサーリンク

タゴナカ刑事の活躍!

タゴナカ刑事の活躍も面白かったです。

最もポイント数が多いダイヤのリングを獲得するのが タゴナカ刑事なのも意外だったなー

タゴナカ刑事のシギルも明らかになりました。 タゴナカ刑事の能力は「昔 亡くなったタロウという犬を出現する」能力なのかな?

タロウは タゴナカ刑事以外に見ることができず,またタロウの感じていることを共有することができるみたいです。

探索にも使えるし,戦闘にも使えるだろうし 使い道が豊富なシギルですね。

カナメとシュカは ダイヤのリングがある警察署に向かってタゴナカ刑事と出会いました。

最初,カナメは タゴナカ刑事のことを疑いましたが タゴナカ刑事の事情を聞いて理解しましたね。

タゴナカ刑事が刑事としてのプロ意識が高いことが分かって 更に好きなキャラになりました。

これからのタゴナカ刑事の活躍に期待しています!

レインの考察と活躍!

レインは 宝探しイベントのクリア条件について考察し,そしてクリアに必要な宝の在り処を判明させました。

レインは 元々が賢そうだけど,「世界関数」によってさらにスゴいことになりそうです。

「世界関数」の能力は 自分の中に眠る答えを探すことができます。

正直,レインの能力についてはあんまり理解できていないですが,自分の中に眠っている様々な知識を応用することができるのかな?

レインが ワンに片腕を折られるところはみていてキツかったです。

もし,宝探しイベントにMVPがあるとしたら レインが獲得するだろうなと思うくらい,活躍していたなー。

エイスとの戦い!

カナメたちの即席クランとエイスの戦いが起こりましたね。 銃が 乱射されていて,とても激しい戦いの幕開けだったな。

ワンの能力は 瞬間移動するだけではないみたいです。 空間を切り裂く能力もあるそうで,とても厄介だな。

2つの能力を同時に操ることはできないので,そこを利用して戦う必要がありますね。

ワンは これまで殺してきた相手の指を保存しているのか。 想像以上のクズみたいだな(笑

最後に カナメはワンに取引を持ちかけましたね。 この取引で カナメは何を企んでいるんだろうな。

宝探しイベントが どのような結末を迎えるのかも気になります!

スポンサーリンク

まとめ

5巻のポイント!

・「花屋」とエイスの戦いがアツかった!

・タゴナカ刑事が 自分の能力を自覚した。

・レインは 宝探しイベントのクリア条件を見つけることができた!

5巻では,ガッツリ宝探しイベントについて描かれました。

「花屋」の戦いは アツかったなぁ。 できれば生き残って 娘のスズネと再会して,カナメたちの仲間になってほしかったです。

宝探しイベントも 佳境に近づいてきました。 カナメとワンも出会い,これから どんな展開が待っているのか楽しみですね。

それでは,読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする